人を支える医師という仕事

医師と言う仕事の大変さ

医師と言う仕事に憧れを抱いた経験のある方も多いでしょう。テレビドラマやマンガ等では医師を描いたものが非常に多いです。また、人の命を救う仕事です。非常に尊敬に値する仕事になります。しかし、憧れだけではこの仕事を続けていくのはとても難しいです。まず、常に命と向き合わなくてはなりません。精神的にかなり負担がかかる場合も多くあります。
また、非常に拘束時間が長いです。サラリーマンのように定時できっかり上がれるような事は滅多にありません。待遇は確かに一般的に見ると良いのでしょうが、拘束時間を考えると、決して高級取りと言えない部分もあります。また、大きな病気、大学病院等に勤務する場合は、やはり受け持つ患者の数が非常に多く、それだけ多忙になります。また、せっかくのお休みであっても、患者の容体次第では、急遽病院に呼び出される場合も多々あります。お休みがあって無いようなものです。
開業医となれば、自分のペースで診療を行うことが出来る為、将来的には、開業医になりたいと思う勤務医も非常に多いです。また、開業医になれば、もちろん収入も上がりますが、医師であると同時に、経営者としての力も身につけなくてはならず、非常に能力が問われます。

医師がすすめる紅茶うがい

風邪やインフルエンザが流行するようになると、予防法として手洗いうがいが効果的だとされます。緑茶でうがいを行うと殺菌効果が強くて予防効果が高くなると言うことで緑茶うがいをする人もいますが、医師がすすめる風邪予防のうがいには紅茶うがいがあります。なぜ、紅茶でのうがいを医師がすすめるのかと言うと、紅茶に含まれるポリフェノールのひとつであるテアフラビンにはインフルエンザや風邪のウイルスの活動や繁殖を抑える働きがあるからなのです。
紅茶うがい液は自分で簡単に作ることができます。材料は紅茶葉小さじ1杯、熱いお湯100mlです。10分ほどかけて抽出するとテアフラビンが充分に含まれるうがい液が出来上がります。この時に低温のお湯を使ってしまうと抽出が悪くなるためできるだけ80度以上のお湯を使うようにするのがポイントです。このうがい液を2倍から4倍程度の薄めて使うようにすると良いですが、衛生的にも24時間以内に使い切るようにすると良いです。
うがいは1日2回を目安にしてのどの粘膜も洗浄するように、真上を向いてガラガラと勢いよくうがいをするようにしましょう。外出先から帰宅した後や就寝前などに念入りに紅茶うがいをするのが効果的です。

Favorite

大阪 ボルダリング
http://luvrock.jp/
大阪 相続
http://osakayodoyabashi.zaisan-osaka.com/
プロポーズ 大阪
http://www.enjoy-propose.com/
ベビーシッター 東京
http://www.childforest.jp/
奈良 リフォーム
http://www.rossetto.co.jp/
岐阜 工務店
http://www.daiyuu.com/
中央区 美容室 求人
http://rire-ginza-recruit.tokyo/
横浜 浮気調査
http://best-tantei.net/

最終更新日:2016/6/22